住宅ローン 消費税増税とのつきあい方

2014年4月1日から消費税が5%から8%に上がります。それにともないローンはどう変化するのか、気になっている方も多いと思います。
住宅の場合、消費税は建物のみにかかり土地にはかかりません。しかし、例えば2000万円の建物なら消費税は100万円から160万円に跳ね上がります。こんなに上がるなら住宅購入はあきらめようと思わなくても大丈夫です。ちゃんと住宅購入者への負担軽減の制度が予定されているんです。


<住宅ローン減税の拡充>

正式名称を「住宅借入金特別控除」といいます。住宅をローンで購入した場合、一定期間、残高の一定割合を所得税から控除する制度です。
消費税増税までに購入した場合、10年間にわたり住宅ローンの年末残高の1%か20万円のいずかれ少ないほうの額が所得税から控除されていました。しかし、消費税増税後には、1%か40万円のどちらかが控除されるようになります。
ただし、所得税からの控除になるので、所得税額が低い場合は、その上限金額になるので注意してください。住宅ローンがたくさん残っていて所得税を多く収めている方にはお得な制度です。


<すまい給付金>

住宅ローンの借入金が少ない方、所得税の少ない方のために予定されているのが「すまい給付金」です。
消費税率が8%の場合、収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円まで給付されることになっています。

「住宅ローン減税の拡充」や「すまい給付金」を賢く活用すれば、消費税増税後も負担は変わらない可能性があるので、ぜひ、検討してみてください。