無理のない範囲の住宅ローン

夢のマイホームですから、できるだけ自分の理想の家にしたいという希望を持っている方が多いでしょう。
しかし、収入の水準を考え、毎月の支払額などに無理のない計画を立てることが一番重要です。

住宅ローンを借り入れる前に返済計画などをシュミレーションしなかったせいで、家を手に入れた後に公開する方は少なくありません。
せっかくの夢のマイホームが日々の生活を圧迫し、新たな借金や家庭の崩壊を招いてしまうこともあります。


<住宅ローンで借り入れる金額を現実的に考える>

住宅ローンで借りることができる金額はとても大きなものです。
マイホームが手に入る手段とあって浮足立ってしまう方もいますが、収入から支出できる毎月の支払額に無理がないか、住宅ローンを支払いながらの貯蓄は可能か、万が一病気やケガを負っても支払いが続けられるかなどを冷静に考えて下さい。


<失敗しない住宅ローン>

現在の貯蓄額や、用意できる頭金などを踏まえ、無理なく可能な範囲で購入できる家を選ぶのが賢い購入方法と言えるでしょう。
教育費の捻出を考え、子供が18歳になる頃に支払いが済むように、または定年前に支払いが済むように計画するなど、支払い後の生活についてもあわせて考えると失敗は少なくなります。

 

Leave a Comment

Tags:

Comments are closed.