住宅ローン金利の種類

住宅ローンを組むことを考えているのであれば、忘れてはいけないのは金利の種類です。金利は大きく「固定金利」と「変動金利」に分けることが出来きます。ここでは、この「固定金利」と「変動金利」について紹介をしたいと思います。


住宅ローンの「固定金利」

固定金利は、またそこから分けることが出来、「全期間固定金利タイプ」と「固定金利期間選択タイプ」の二つになります。簡単に言えば、全期間固定金利タイプは、最初に決めた金利が完済までずっと続くという事です。こちらは、収入の増加が今後も見込めず、返済額が一定でないと困るという人に向いています。また、期間選択タイプに関しては、一定期間は最初決めた固定金利ですが、そのあと、変動にするのか固定のまま行くのかを途中で選択することが出来るタイプになります。今現状は返済が一定でないと困るが、数年後は余裕が出来る予定で、再度考え直したいという人に向いていると言えます。


変動金利タイプ

変動金利はその名の通り、半年おきに金利が変動します。変動に耐えられるだけの余裕があれば変動金利にしても問題はないでしょう。これは、住宅ローンを組んだ時に、その後絶対に金利が下がると分かっている、自信があるという人には向いているかもしれません。

 

Leave a Comment

Tags:

Comments are closed.