住宅ローン・金利の種類

住宅ローンの金利タイプは、人気が高い変動金利のほか、完済時まで金利の変わらない固定金利型のほかにもいくつかの種類があります。それぞれの商品によってメリットやデメリットもさまざまですのでよく理解したうえでしっかりと検討することが大切です。


<変動金利>

年2回の見直しが行われ、低金利の局面では有利ですが、金利が上昇すると返済額にダイレクトに影響するため、返済計画の見直しが必要となる場合もあります。


<固定金利型>

返済期間中の返済額が一定なので返済計画は立てやすい住宅ローンです。そのかわり、変動金利と比較して当初の金利が高くなります。代表的な商品に「フラット35」があります。


<固定金利特約型>

特約期間を設定して、その間の金利を一定に保つという商品です。しかし、特約期間が終了した時点の金利によっては見直しが必要になることもあります。


<ミックス金利型>

変動金利と固定金利型の特徴を併せ持ち、メリットとデメリットの均衡をとることを狙いに開発された商品です。しかし、金利上昇の際に変動金利部分のリスクを抑えられるとは限らず、かつリスクは変動金利部分と固定金利部分の割合にもよるものとなります。


<預金連動型>

預金を積みたてることにより、繰り上げ返済と同等の効果を上げることができる住宅ローンです。預金は引出し可能ですので万一の場合に安心ですが、預金部分に金利はつきません。

その時々の経済情勢や返済計画をふまえたうえで、それぞれの特徴やメリットを充分いかした選択が望まれます。

 

Leave a Comment

Tags:

Comments are closed.