住宅ローンを借りるときには本人の健康状態も大切

住宅ローンを借りるためには実は、本人の健康状態もかなり大事になってきます。以外かと思われるかもしれませんよね。ですが、住宅ローンを借りるには本人の健康状態が結構大事だったりするのです。本人の健康状態がどのように影響をしているのでしょうか。


<健康状態は審査条件にかかわってくる>

借りたい人の健康状態は、間接的に貸し付けの条件にかかわってきます。これは、どのようにして審査にかかわってくるのかと言うと、その人が団体信用生命保険に加入できるかどうかによって貸し付けるかどうか決めるのです。もちろん、団体信用生命保険も健康が悪い状態では加入することはできません。こういった生命保険への加入が条件となるのは本人が死亡してしまったときの返済を代わりに行ってもらうためなのです。


<単純に収入だけではない>

このように、住宅ローンを借りるためには、単純に収入が多ければいいというものではないのです。本人の健康状態が良くて、そして団体信用生命保険に加入するほどの健康状態でなければ住宅ローンは借りることはできないのです。健康が悪い人は逆に借りることができないという事です。健康状態を良くしてからでないと借りれないという方も出てくるでしょう。

 

Leave a Comment

Tags:

Comments are closed.